短期間で効果を感じるなら渋谷のジムBODY TIPSがオススメ

バランスボールなどの道具を使う

こちらではバランスボールを使用したレーニング方法についてご紹介します。

効果的な運動ができるバランスボール

バランスボール以前、大流行したバランスボール。

人気の反動で一気に忘れ去られた感もありますが、
意外と効果的な運動ができるアイテムだったんですね・・・

簡単ですが、トレーニング効果とトレーニングのポイントを少しだけご紹介します。

「バランスボール」を使ったトレーニングについて

■バランスボールの効果

  • ゆがみ解消の効果

大きな筋肉だけではなく、小さなインナーマッスルも使ってバランスをとるので、カラダ全体のゆがみが解消される。

  • 脂肪を燃焼しやすくなる

普段は意識するのが難しいインナーマッスルを使ってバランスをとるので、
筋力が上がり、基礎代謝が向上します。

  • 腰痛が軽くなる

インナーマッスルに働きかけることができるので、
腰にかかる負担を軽減することができます。

■ボールの選び方

ボールの上に座ってトレーニングを行う場合は、ひざが90度くらいに曲がる大きさが適正サイズとなります。また、小さい20cmほどのボールもあり、脚の間に挟んでトレーニングに使うこともできます。
空気は調節可能ですので、パンパンではなく8割程度の方が扱いやすいでしょう。乗った時、形が適度に変形する程度を目安にし、慣れてきたら自分に合った硬さに調節して下さい。

■おすすめトレーニング

写真のように、ボールの上に背筋を伸ばした状態で座ります。
※この時に気を付けたいのが、つま先をまっすぐにすること。内向きでも外向きでもだめです。

片足ずつ、まっすぐ上にあげたらその状態をキープして20~30秒程度。
※この時に、体勢が崩れてしまわないように背筋を伸ばし、まっすぐ正面を向けるように頑張りましょう。

これを2セットから3セットくらいするだけでも、バランスを保とうとインナーマッスルが鍛えられています。

この他にも、手軽に手に入るトレーニンググッズはいろいろありますので、
ジムのトレーナーにおすすめの道具はないか、相談してみるといいですね!

 
HOME » パーソナルトレーニングの方法について » バランスボールなどの道具を使う