短期間で効果を感じるなら渋谷のジムBODY TIPSがオススメ

加圧トレーニング

興味をお持ちの方が多い「加圧トレーニング」について紹介していきたいと思います。

「加圧トレーニング」のメリット・デメリット

■メリット

  • 短時間で効果的にトレーニングできる
  • 狙った筋肉に働きかけることができる
  • 筋肉を大きくするのに向いている
  • 基礎代謝を上げて、太りにくい体をつくる

■デメリット

  • 毛細血管が破裂し、内出血が起こる
  • 貧血症状が出る
  • 高価なトレーニングである
  • 短時間だが、非常にキツイ
  • 細胞組織壊死などのリスクもある

加圧トレーニングとは?

腕と脚のつけねに適正な圧力をかけ、血流を制限した状態でトレーニングをすると、少ない負荷のトレーニングでも大きな効果が得られます。血流を制限することで血液が滞留するため、行き場を失った血液が今まで流れていなかった場所へも流れるようになるのです。
脂肪を燃焼させる働きのある、成長ホルモンの分泌量が増大したり、圧を取り除いた後は血行がよくなるので、冷え性の改善や肩こりの緩和も期待できるそうです。

私の加圧トレーニング体験

そもそも血流を制限する運動なので、細胞や血管へのに負担がかかるのは当然です。
そして、痛みを伴います。
他の方はあんなには痛くないのかもしれませんが、私は内出血をしてしまったので、
やっている最中、本当にこんなことをしていいの?と思うほど痛かったです。

無理な負荷をかけ組織を傷つけることで、体のホメオスタシス
(傷を治したり、体をいつも同じ状態に保とうとする力)を利用して成長ホルモンを分泌させ、
トレーニングの効果を倍増させる。
こういうやり方は、少し怖い気もしませんか?
この負荷による組織の損傷を「一時的に損傷させて、、、」という程度の説明だけです。
私の場合、実際に内出血が起きてから、完全に消えるまでに1ヶ月以上もかかりました。

こういう経験もあって、体に無理な負担をさせない
BODY TIPSのトレーニング方法にはとても共感できるのです。